About Counseling

ナチュラルリソース~ For Your Peaceful Mind ~の心理カウンセリング

境界性パーソナリティ障害の特徴

境界性パーソナリティ障害は別名、境界性パーソナリティ障害、ボーダーライン、境界例などと呼ばれるコミュニケーションの障害です。境界性パーソナリティ障害の特徴として、衝動的な自己破壊行為などがあげられ、青年期もしくは成人初期に多く生じます。境界性パーソナリティ障害は1970年代頃から患者数が増加しており、精神療法と薬物療法によって治療が進められるのが一般的で、20代の患者が最も多いものの30代半ば頃から改善するケースが多くなっています。

境界性パーソナリティ障害の特徴や症状としては、思考や感情が不安定になり、それが行動にも影響します。衝動的行為が目立ち主に、ギャンブル、アルコール、薬物の乱用や摂食障害、自傷行為や自殺といったものがあげられます。さらに精神的な不安からパニックに陥る、うつ状態に陥る、他者との交流が困難となるなどの症状がみられ、患者によって違いがあります。境界性パーソナリティ障害の特徴として一過性の精神障害がでる場合は、強いストレスが影響していると考えられており、状況によっては短期間での改善が見られます。

現在では主にアメリカでの研究がすすんでおり、うつ病などの気分障害との関連性が考えられています。遺伝学的研究や生物学的研究も行われ、対人関係においては状況により正常な人間であっても理性的判断を失い、悩むことがあることから、境界性パーソナリティ障害は決して特別なものではなくなってきているともいわれています。

境界性パーソナリティ障害とは?

境界性パーソナリティ障害について

境界性パーソナリティ障害の症状

境界性パーソナリティ障害の治療と回復

対応、接し方

またナチュラルリソースでは、境界性パーソナリティ障害のチェックテストをご用意しています。 お試しください。

また、境界性パーソナリティ障害の専用カウンセリングもご用意しております。ご相談内容をお聞かせください。

カウンセリングのご質問、ご相談、お問い合わせ、お申し込み

カウンセリングについてのご質問から、ご相談、お問い合わせ、お申し込みまで
お気軽にご連絡ください。

ご質問、ご相談、お問い合わせ、お申し込み
電話でのお問い合わせ 03-5468-9725