About Counseling

ナチュラルリソース~ For Your Peaceful Mind ~の心理カウンセリング

境界性パーソナリティ障害の原因

境界性パーソナリティ障害の原因として、近年の研究結果では先天的な要素、幼少期の体験、社会文化的な要素が関係していると考えられています。先天的な要素としては脳の脆弱性があり、患者の親が境界性パーソナリティ障害である場合などがあげられます。境界性パーソナリティ障害は大脳皮質の前頭前野機能が低いことが要因であると言われており、情動コントロールが正常にできずに不安や攻撃性が不安定になったり、思考の柔軟性が乏しくなったりするなどの影響がでてきます。これにより自傷行為を習慣的に行っても、不安や痛みなどを感じにくくなります。

幼少期の体験として、アメリカでは身体的虐待、性的虐待が多くみられます。日本国内では過干渉などが影響していることもあります。さらに境界性パーソナリティ障害の原因として考えられるのが、18歳までにどちらか(もしくは両方)の親と離れて暮らしている、父親が不在で家族に関心が薄いなどの家庭崩壊(機能不全家族)があります。

社会文化的要素としては都会的なライフスタイルの変化などがあります。主に養育態度が影響しており、過干渉、支配的な親の態度が影響しています。ただし環境的な影響だけが必ずしも境界性パーソナリティ障害の原因になっているとは考えにくく、同じ環境下において境界性パーソナリティ障害を発症する人もいればしない人もいることから、さらなる原因の解明・研究が求められます。

境界性パーソナリティ障害とは?

境界性パーソナリティ障害について

境界性パーソナリティ障害の症状

境界性パーソナリティ障害の治療と回復

対応、接し方

またナチュラルリソースでは、境界性パーソナリティ障害のチェックテストをご用意しています。 お試しください。

また、境界性パーソナリティ障害の専用カウンセリングもご用意しております。ご相談内容をお聞かせください。

カウンセリングのご質問、ご相談、お問い合わせ、お申し込み

カウンセリングについてのご質問から、ご相談、お問い合わせ、お申し込みまで
お気軽にご連絡ください。

ご質問、ご相談、お問い合わせ、お申し込み
電話でのお問い合わせ 03-5468-9725