About Counseling

ナチュラルリソース~ For Your Peaceful Mind ~の心理カウンセリング

不安定な対人関係

境界性パーソナリティ障害で目立つ症状として、不安定な対人関係があります。境界性パーソナリティ障害は分離不安を抱えているケースが多く、依存できる関係を求める傾向にあるのです。例えば子供のころ、親からの愛情が乏しく家庭崩壊を起こしていた場合などは、気になった相手に自分を評価・支持してもらうために良い印象だけを持ってもらえるような行動を起こすことがあります。相手が喜ぶ行動を起こせば自分が評価されると考えてしまうのです。

評価が得られているうちはよいですが、相手を理想化しすぎてしまい、さらなる評価を得ようとすると、どんどんと行動も大胆になっていきます。このとき相手の理想が崩れてしまうような状況が少しでもおきれば急にパニックを起こしてしまい、その印象を持った人を嫌い、自分を守ろうとします。もし恋人同士であれば激しい愛情が嫌悪にかわることもあり、他人との関わりが常に激しく短くなってしまいます。結果的に他人と関わることで自分が傷つくことを恐れ、不安定な対人関係を持つことを避けるようになってしまうのです。

境界性パーソナリティ障害はその経験から、不安定な対人関係がさらに深刻化することも少なくありません。自分が症状を理解し受け入れることで、治療に少しずつ効果が表れるようになってくることでしょう。

境界性パーソナリティ障害とは?

境界性パーソナリティ障害について

境界性パーソナリティ障害の症状

境界性パーソナリティ障害の治療と回復

対応、接し方

またナチュラルリソースでは、境界性パーソナリティ障害のチェックテストをご用意しています。 お試しください。

また、境界性パーソナリティ障害の専用カウンセリングもご用意しております。ご相談内容をお聞かせください。

カウンセリングのご質問、ご相談、お問い合わせ、お申し込み

カウンセリングについてのご質問から、ご相談、お問い合わせ、お申し込みまで
お気軽にご連絡ください。

ご質問、ご相談、お問い合わせ、お申し込み
電話でのお問い合わせ 03-5468-9725