Specialty

ナチュラルリソース〜 For Your Peaceful Mind 〜の得意な相談内容

夫の暴力について

夫の暴力について夫や恋人、親密な関係にある男性からの暴力に悩んでいる女性は年々増加の傾向をたどっています。困った女性が警察に相談をしても、パトロールといった消極的な対処策で軽視され、実際の当事者が不安に怯えて生活するケースが多いようです。ニュースや新聞で見聞きする殺人事件に発展したケースの中には、このように警察がなんの救済にもならなかったということが頻繁にみられています。

内閣府の調べでは、女性の4人に1人が身体・精神的な暴力を経験していると述べており、その数は非常に高い割合を示しています。しかしながら、そのうちの4割強は誰にも相談していないという状況であり、DVが簡単に相談しにくい内容であることが明確になっています。相談しにくい背景としては、自分では暴力関係から逃れたいと思いながらも、女性自身も「共依存」と言われる関係性に陥り、暴力を奮う相手に依存し、暴力を断ちきれないというジレンマが存在することも影響しているようです。

暴力を奮う加害者は、幼少期に母親や近い擁護者との間に信頼できる愛着関係を構築できなかったことが知られており、親からの一貫した愛情を得ることが困難だった、あるいは親から暴力を受けていたという生育歴をもっていることが多いようです。また、親から暴力を受けた子供の脳が受ける悪影響も明らかになっており、大人になって何らかのメンタルヘルス不調や、情動の問題を引き起こす可能性が高くなります。欧米ではDVをした当事者には加害者治療プログラムとして、心理療法を受けることが義務付けられておりますが(薬物治療では治癒しない)、日本では、未だその治療が確立されていない状況です。

ナチュラルリソースではこれらのDVの問題を解決すべき重要な心理的な問題、社会問題と捉えており、DVを受けている被害者、もしくは加害者に対して、現状を少しでも改善できるよう心理療法を行っております。カウンセリングを受けることにより、双方がより良い生活を送れるように支援してまいります。

ナチュラルリソースは、虐待を受けた人、虐待をしている人の治療・相談・カウンセリングを得意としています。また、育児の悩みの相談、夫婦間や恋人間の暴力・暴言の相談もお受けいたします。 また、医療との連携も行っておりますので安心してご相談ください。


ドメスティックバイオレンス(DV)で悩まれている方の多くが、このような悩みを抱えています。

ナチュラルリソースは、ドメスティックバイオレンス(DV)の治療・相談・カウンセリングを得意としています。

特に、ドメスティックバイオレンス(DV)の問題に関し、米国でトレーニングを受けたセラピストが認知行動療法、行動療法、精神分析療法などを駆使し治療をしていきます。ドメスティックバイオレンス(DV)に陥っている問題を持つご家族の方が、カウンセリングを受けることも有効です。
ドメスティックバイオレンス(DV)で悩まれている本人の治療はもちろん、両親、パートナーの方の相談もお受けいたします。
また、専門医療との連携も行っておりますので安心してご相談ください。

得意な相談内容一覧へ
カウンセリングのご質問、ご相談、お問い合わせ、お申し込み

カウンセリングについてのご質問から、ご相談、お問い合わせ、お申し込みまで
お気軽にご連絡ください。

ご質問、ご相談、お問い合わせ、お申し込み
電話でのお問い合わせ TEL: 03-6447-2704