「統合失調症」に関する市民公開シンポジウムを来年3月23日開催

2013年12月30日 20:00

「統合失調症」に関するシンポジウム・来年3月23日開催

東京都小平市にある独立行政法人 国立精神・神経医療研究センター(NCNP)は、来年2014年(平成26年)3月23日(日)に、アルカディア市ヶ谷(東京都千代田区・各線市ヶ谷駅近く)において、「統合失調症」に関する市民公開シンポジウム「正しく向き合う統合失調症」を開催することにした。

(画像はNCNPホームページより)

このシンポジウムには「統合失調症」に関心のある方なら、どなたらでも参加できるということで、参加費は無料、定員は先着200名で、申し込み方法は電話・Fax・電子メールにより可能である(シンポジウムについてのチラシ、及び、申し込み方法の詳細については、下記外部リンク先参照)。

なお、シンポジウムに参加を希望される方には、事前に質問を頂けると、それについてNCNPから回答するとともに、今後のNCNPの研究課題としたいとのことである。

「統合失調症」について、4つの議題によるシンポジウム

今回のNCNPによるシンポジウムでは、次の4つの議題にて講演がされるという。

・「統合失調症の解明に挑む:臨床家がなぜ研究をするのか」
東京都医学総合研究所
統合失調症・うつ病プロジェクトリーダー 糸川 昌成氏

・「統合失調症のリカバリーを目指す治療」
臨床研究推進部部長 中込 和幸氏

・「社会生活から統合失調症を考える」
ソーシャルワーカー 伊藤 明美氏

・「治験とは? ~参加のメリット・デメリット~」
臨床研究・治験推進室係長 玉浦 明美氏

なお、この公開シンポジウムは、当日参加も可能ではあるが、満席の場合は入場をお断りする場合もあるとのこと。よって、参加を希望される方は、事前に申し込みをされることをお勧めする。

▼外部リンク

独立行政法人国立精神・神経医療研究センター
http://www.ncnp.go.jp/

独立行政法人国立精神・神経医療研究センター
市民公開シンポジウム 告知ページ
http://www.ncnp.go.jp/20140323.html

市民公開シンポジウム チラシ
http://www.ncnp.go.jp/140323_1.pdf

市民公開シンポジウム 申込用紙
http://www.ncnp.go.jp/140323_2.pdf