天然の抗うつ剤 セントジョーンズワートに注目

2014年03月09日 06:00

「悪魔を追い払うハーブ」

セントジョーンズワートは、ドイツで天然の抗うつ剤として認められている。日本では西洋弟切草と呼ばれる、根茎性の多年草ハーブの一種。

古代ギリシャ時代より、切り傷ややけどなどの外用薬や、うつ、不眠症などの治療薬として使われており、ヨーロッパでは「悪魔を追い払うハーブ」と呼ばれる。

うつ症状の改善が認められる

うつ症状は、セロトニン、ドーパミンなどの脳に存在する神経伝達物質が欠乏することによって発生。セントジョーンズワートには、セロトニンの働きをよくし、神経伝達物質のバランスを整える効果があるため、これによってうつ症状が改善。

ドイツでは1980年代より多くの臨床試験が行われており、多くの患者のうつ症状が改善、もしくはなくなったという効果が報告されている。また、イギリスの有名な医学誌において、抗うつ剤と同じような効果があるとの記載も。

日本では、サプリメントとして、うつ症状や睡眠障がいに悩む人に利用されている。

他の医薬品と併用する時には注意が必要

セントジョーンズワートは、副作用がほとんどないため、食事やサプリメントとして服用が可能。ストレスをやわらげたい、不眠を解消したいといった悩みを持つ方におすすめ。

しかし、他の医薬品(抗うつ薬、経口避妊薬、鎮痛薬など)を服用している場合、セントジョーンズワートによって、これらの薬の効果が弱まり、副作用が発生する可能性があるため、医者に相談することが必要。

▼外部リンク

株式会社わかさ生活による成分情報紹介ページ
http://www.wakasanohimitsu.jp/seibun/st-jones-wirt/