「2017年、楽しくコミュニケーションできた」54.5%

2017年12月10日 07:00

JTBコミュニケーションデザインが調査

株式会社JTBコミュニケーションデザインは7日、「コミュニケーション総合調査」の第1報「2017年の満足度と2018年への期待」の報告書をまとめた。

調査では、大学生・会社員・主婦・リタイヤ層を対象に、コミュニケーションに対する満足度などを調べた。

「直接(対面で)話す」65.6%

コミュニケーションの手段について、全体の第1位は「直接(対面で)話す」で65.6%だった。「メール」「LINE・チャット」「SNS」を合わせたオンラインコミュニケーションは23.9%であり、「電話・テレビ電話」の9.5%を上回った。

また大学生では「直接(対面で)話す」が59.5%、オンラインが32.4%となっており、他のカテゴリに比べてオンラインの割合が高い。

2017年のコミュニケーションの満足度「平均59点」

2017年のコミュニケーションの満足度について聞いた。

すると「50~59点」が17.2%、「60~69点」が19.0%、「70~79点」が20.6%、「80~89点」が16.1%と分散した。なお平均点は「59点」となっている。

会社員は楽しくコミュニケーションがとれなかった

2017年は楽しくコミュニケーションをとることができたかを聞いた。

すると全体では「全体的に、楽しくコミュニケーションがとれた」が14.4%、「どちらかといえば、楽しくコミュニケーションがとれた」が40.1%となった。合計で54.5%が「楽しくコミュニケーションがとれた」としている。

一方、会社員は「楽しくコミュニケーションがとれた」が44.9%と低く、「楽しくコミュニケーションがとれなかった」が26%と高かった。

2018年はリアルなコミュニケーションを大事に

2018年のコミュニケーションの希望について聞いた。

すると全体の第1位は「メールやSNSだけでなく、リアルなコミュニケーションを大事にしたい」(68.9%)だった。以下、「自分の意見や思いを表現する力を伸ばしたい」(65.8%)、「相手の話を聞く力を伸ばしたい」(63.8%)と続く。

リアルなコミュニケーションを志向しつつ、表現力や聞く力を伸ばしたいと考えている人が多いようだ。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

株式会社JTB プレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/

調査結果詳細
https://www.jtbcom.co.jp/article/hr/217.html