メンタル不調の原因第1位「職場の人間関係」

2018年01月27日 17:00

企業の「メンタルヘルス対策」意識調査

エン・ジャパン株式会社は、人事担当者向けサイト『エン 人事のミカタ』上で、企業の「メンタルヘルス対策」意識調査を行い、25日に結果を発表した。有効回答数は697社。調査期間は2017年11月29日~2017年12月26日。

58%の企業にメンタル不調者が在籍

メンタル不調者の増減傾向について、52%の企業が「増えている」と答えた。「減っている」と答えた企業はわずか3%しかいなかった。また、メンタル不調の従業員がいるかどうかについて、58%の企業が「いる」と答えた。

メンタル不調の従業員がいると回答した企業に対して、メンタル不調の原因と思われるものを聞いた。すると第1位は「職場の人間関係」(54%)であった。以下、「本人の性格の問題」(49%)、「上司・部下のコミュニケーション不足」(43%)と続く。

71%の企業が従業員のメンタル不調を把握

従業員のメンタル不調についてどの程度把握しているか尋ねた。すると「把握している」が11%、「だいたい把握している」が60%という結果になった。

59%の企業がメンタルヘルス対策を実施

メンタルヘルス対策の実施状況について、59%の企業が「実施している」と答えた。

さらに有効な施策について聞いた。すると第1位は「ストレスチェックによる状況把握」(39%)、第2位は「産業医の設置」(31%)、第3位は「残業削減などの労働環境改善」(27%)という結果になった。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

エン・ジャパン株式会社 プレスリリース
https://corp.en-japan.com/newsrelease/2018/12378.html