発達障がい者のための人間関係メソッド集

2018年05月16日 11:00

会社の人間関係がちょっとしたことでうまくいく

特定非営利活動法人 さらプロジェクトは15日、翔泳社より對馬陽一郎氏の著書『ちょっとしたことでうまくいく 発達障害の人が会社の人間関係で困らないための本』を発売したと発表した。なお同書のプレゼントキャンペーンも実施中だ。

また発達障がい者のための「ちょっとしたことでうまいく」シリーズ著者、村上由美氏と對馬氏の対談も公開されている。

同書の特長

発達障がいを持つ人が就職すると、社内の人間関係やコミュニケーションにおいて悩みを持つことが多い。

具体的に言えば、指示受けや報連相がうまくできない、人に伝わる文章が書けないといった悩みである。これらの悩みは、社会人としての基礎能力に直結するだけに深刻である。

同書では、こうした悩みに対し、その原因を解説し、その上で具体的な解決アイデアを紹介するというスタンスを取る。発達障がいを持つ社会人が人間関係を円滑にするアイデアが満載だ。

プレゼントキャンペーン概要

同書のプレゼントキャンペーンの期間は、5月15日(火)~5月31日(木)18:00までである。期間中に特設サイト(外部リンク参照)にアクセスし、必要事項を記入して応募すればよい。抽選の結果、10名に同書が当たる。なお賞品の発送は6月中旬を予定している。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

特定非営利活動法人 さらプロジェクト プレスリリース
https://www.atpress.ne.jp/news/156396

プレゼントキャンペーン
https://sarapore.jp/book_campaign/

ちょっとしたことでうまいく」シリーズ著者対談
https://www.shoeisha.co.jp/book/article/detail/123