人間関係の苦手に気づいて人付き合いをスムーズにする方法

2018年06月15日 06:00

著者は日本でのADHD研究の第一人者

株式会社東洋館出版社は、『わたし、ADHDガール。恋と仕事で困ってます。』を2018年6月14日に刊行すると発表した。著者は、精神科医であり、著書の『のび太・ジャイアン症候群』で、ADHDを日本に認知させた司馬理英子氏。

司馬氏は、自らもADHD当事者でありながらアメリカでADHD児の子育てをし、その経験を生かし執筆をしたり、自身のクリニックで高校生までの子どもと大人の女性を専門に、治療を行ったりしている。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

一番の悩みは人間関係のトラブル

片付けられない、ミスや遅刻が多く落ち着かないなど、もしかしてADHDガールかもしれないと悩んでいる人へぴったりの一冊である。自身の癖や苦手なことを同書を通じて気づくことで、その対処法を具体的に見つけることができる。

同書は、ADHD傾向をもつ女性のために、大きく恋愛・仕事・友情別に漫画とケーススタディーで、対処法が分かりやすく書かれており、頑張るADHDガールをサポートしてくれる。

ADHDガールに起こりがちな人間関係のトラブルに焦点を当てて、仕事でのミスや日常生活の困り事だけでなく、人との困り事の対処も教えてくれる。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

株式会社東洋館出版社 書籍詳細
http://www.toyokanbooks.com/books/361057.html

株式会社東洋館出版社 プレスリリース(PR TIMES)
https://prtimes.jp/000000019.000026724.html