オンライン産業医面談で従業員のうつを防ぐ

2018年06月22日 05:00

必要な際に迅速に産業医面談が設定できる

メドピア株式会社の連結子会社・株式会社Mediplatは、医師によるオンライン健康相談サービス「first call」を提供している。同社は19日、同サービスの法人向けサービスとして「オンライン産業医」の提供を開始した。

産業医面談がオンラインになることで、必要な際に迅速に面談が設定できる。また従業員が産業医により気軽に相談できるようになることで、従業員の不調に早期介入できるようになる。加えて、人事労務担当者の業務負担・コスト軽減にもなる。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

「オンライン産業医」概要

「オンライン産業医」サービスでは、毎月のオンライン産業医面談が実施できる。テレビ電話を通じて、産業医と従業員が面談するのだ。産業医の定期訪問日以外の日や、訪問対象外の支社でも面談を設定できる。なおオンライン面談に対応可能な医師は同社が手配する。

また同サービスでは、隔月で産業医の訪問巡視を行う。2か月に1度、産業医が事業所を訪問し職場巡視するとともに、対応が必要な従業員との面談も行う。

常時行っているサービスとしては、オンライン健康相談がある。このサービスでは、チャットやテレビ電話で医師(一般内科・精神科・産婦人科・皮膚科など)に健康上の悩みを相談できる。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

メドピア株式会社 プレスリリース
https://medpeer.co.jp/press/5626.html