東京都、10月21日ひきこもりで悩む本人や家族向けに合同相談会開催

2018年09月25日 18:00

ひきこもり支援を見つける相談会

東京都青少年・治安対策本部は9月20日、ひきこもりの問題を抱える本人や家族がよりよい支援を見つけるきっかけづくりとなる相談会を、東京都認定の民間支援団体と合同で開催すると発表した。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

東京都認定の21の民間支援団体が個別相談にも対応

合同相談会の開催日時は、平成30年10月21日(日)14:00~17:00で、開催場所は、国立オリンピック記念青少年総合センター・センター棟309室である。

対象は、ひきこもりで悩む本人およびその家族であるが、ひきこもり問題や若者の自立支援に興味のある人、民間支援団体の取組について知りたい人も含まれる。

参加は申込不要で、入退場自由、無料である。

東京都認定の21の民間支援団体が、個別ブースを設置し、パネル展示、パンフレット配布等により支援内容や取組を紹介する。また、相談コーナーにおいて個別相談にも対応するとのこと。

民間支援団体は、正式名「東京都若者社会参加応援事業参加団体」で、都の「ひきこもり等の若者支援プログラム」に基づき、「訪問相談」「フリースペース」「社会体験活動」を身近な地域で実施している。

(画像は東京都のHPより)

▼外部リンク

東京都のニュースリリース
http://www.metro.tokyo.jp/