言いづらいことをハッキリ言って人間関係を円滑に!

2018年12月01日 21:00

相手にハッキリと言うメリット

株式会社三笠書房は『「言いづらいこと」を、サラリと伝える技術―――ハッキリ言っても嫌われない! 人間関係がうまくいく!』を、2018年11月16日よりキンドル電子書籍ストアにて配信を開始した。

著者は心理学を学び企業コンサルタントを行い、社長やリーダーへのコーチングなど20 年のキャリアをもつ稲垣陽子氏。専門家によって書かれた同書は、コーチングの理論と実践に裏付けられているので効果が出る1冊である。

上司や同僚への不満は言いたいけどなかなか言えないもの。しかしずっと我慢しているとストレスもたまり悪循環になってしまうこともある。そんな時は相手のためにも思い切って伝えてみるのも1つの方法である。同書では、「言いづらいこと」を言ったほうが相手にも自分にもメリットがあると書かれている。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

「言いづらいこと」が言える自分に変わる方法

ただ思い切って相手に言いたいことを言うのでは、逆に人間関係が壊れてしまう。上手にサラリと、相手の考えや思いを理解して伝えることが大切である。

著者は、自分も考えや受け取り方を変え、伝える内容を明確にするなどの技術を身につけることで、相手を傷つけることなくサラリと「言いづらいこと」が伝えられるという。

「言いづらいこと」を言う6つのステップやおすすめのフレーズ集があり、すぐにでも実践できるものとなっている。職場の人間関係に悩んでいる人には、読むだけでも気持ちが楽になる1冊かもしれない。

▼外部リンク

株式会社三笠書房
http://www.mikasashobo.co.jp/c/books/?id=100275500